検索エンジンよりも読み手を意識!ユーザーファーストSEO

SEO

SEOとは何か?SEOの取り組み

【SEOとは何か】SEO=検索エンジン最適化、を指します。つまり検索エンジン上での露出が最適化されるように行う対策です。
なぜこれを行うかというと、『サイト運営者側:検索を通して見て欲しいコンテンツを提供する』、『検索エンジン:良いコンテンツだと判断すれば、該当キーワードで上位表示する』、『ユーザー:必要なキーワードで検索、上位コンテンツを閲覧する可能性も高くなる』などそれぞれにとってのメリットがあるからです。
検索エンジンとしては、ユーザからの「質問」に対してよい答えを表示したいですし、使命は「いかに検索ユーザのニーズに応えたコンテンツを提供できるか」になります。検索ワードによって、ニュースを中心に返すのか、情報を中心に返すのかと場合が変わります。よりネットユーザーに寄り添ったものをユーザーファーストSEOと呼びます。
【SEOの基本の取り組み】大きく4つあります。『ターゲット定義:誰が、どんなキーワードをいつ、なぜ検索するの?上位表示したいキーワードを決めます。』『コンテンツ:キーワードに対応するコンテンツの内容を決めます。ここがサイトの独自資産、根本な競争力になります。』『被リンク:そのコンテンツをどうユーザの目に触れるかになります。この被リンクを集めて、評価を高めることが出来ます。』『内部設計:検索エンジンに伝わるようサイトをチューニングする:検索トラフィックに転換。』
その他SEOの基礎はまだありますが、基本的にはユーザーファーストSEOを目指すのが肝心となります。読み手の満足度を上げるユーザーファーストSEO対策について勉強しておきましょう。

新着記事

TOP